猫の仕返し

小学校の頃、いつものように庭で妹とブランコや鉄棒で遊んでいました。いつものように、犬のクロはひもにつないでいました。餌をあげたりしながら、一緒に庭にいました。夕方ごろに向こうから、野良犬が我が家の庭に入ってきたのです。どうしようと思いましたが、どんどん近くに来るのです。野良犬がやってきて、クロに向かって、ウーと牙をむき出しにして唸って、飛びかかってきました。クロは繋がれているので、とても不利です。いったん両者が絡んでいたのが離れました。どう見ても野良犬は強そうな犬で、クロもちょっと固まっていました。私と妹も庭で遊んでいましたが、恐ろしくて、クロがやられると思いました。どうしようと親を呼びました。親も家から出てきましたが、野良犬を追っ払おうとしてもよそに行きません。すぐにどうしようもできない状態でした。すると庭の中にあるネギ坊主の畑から、何かがダッシュで来て、威嚇している野良犬のお腹に体当たりをしてきました。体当りと言うか、四本の足でキックという感じでした。なんと、我が家の愛猫マリでした。野良犬は恐れをなして、帰って行きました。びっくりしたのは、私たち家族です。猫が犬に向かって行くなんて初めて見ました。たぶん、いつも一緒にいるから、クロとマリは深い絆ができていたのでしょう。いつも、庭を追いかけ回されているマリですが、実は犬のクロのことを自分の家族のように思っていたのでしょう。そうでないと、自分よりも大きな犬に、それもクロを助けるために、飛び掛かって行くなんて考えられません。一緒にいるというのは、意味があることなのだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>